稲沢を中心とした外壁塗装及び屋根・扉・階段などの塗装工事はオンダ塗装にお任せ下さい

電話でのお問い合わせ 0120-29-1116
お問い合わせ
  • 私たちの強み
  • 塗装施工実績
  • 塗装施工の流れ
  • オンダ塗装会社概要
  • お問い合わせ
ホーム > 施工の流れ

施工の流れをご案内します

弊社では、塗装の品質だけではなく、受注から完成までお客様はもちろん、施工に関わる全ての方に細かな配慮と気配りを心掛けております。

01

ご近所様にごあいさつ

工事を始める前に近隣のお宅へご挨拶に伺います。
ご近所様への配慮も私たちオンダ塗装のお仕事です。

02

足場施工・養生施工

的確な施工と作業員の安全確保のため、まず足場を組んでいきます。
作業性の良い足場を架けることで職人の安全性が保たれ塗装の技術を余すことなく発揮することで高品質な施工が可能となります。
足場を囲うように飛散防止用ネットを張り、塗料が近隣の建物に付かないように配慮します。

03

塗装面洗浄(高圧洗浄)

日常では使用しないジェットのような高圧洗浄機で、屋根や外壁の汚れや苔、カビ、劣化しか塗装などを洗い流します。
壁についていた不純物を洗い流すことによって、新しく塗る塗料が密着しやすくなります。
どんなに良い塗料を使っても、汚れが落ちていない外壁では膨れや剥がれの原因になります。

04

下地補修

外壁や鉄部のサビやハガレ箇所を処理した後、目地部分の補修などの下地処理をします。
クラック(ひび割れ)は大きさや種類によって適切に修繕します。
この作業をしっかり行わなければ、いくら綺麗に塗っても数カ月たちクラックがでてきます。

05

塗装施工(下塗り・中塗り・上塗り)

下塗りは下地と上塗りの塗料を密着させる接着剤のような役割があり、壁面そのものの強度をあげるために下地強化剤を塗ります。
下塗り塗料の色は透明や白やクリーム色などの目立たない色です。
塗料の本来の機能を発揮し、長持ちさせるには塗料メーカー基準の塗布量(厚さ)で塗る必要があり、中塗り、上塗りと仕上げ塗料を重ねていきます。
中塗りは上塗りと少し色を変えて塗ることで塗り残しを防ぎます。

06

細部の付帯塗装(雨どい・板金部分など)

外壁や屋根以外の雨どい・鼻隠し・破風・雨戸など付帯部分の塗装をします。

07

仕上がり確認・手直し

仕様書を確認しながら、塗装面全体を見て仕上がりを確認します。
お客様が満足できない箇所など、必要に応じて手直しをいたします。

08

足場解体・清掃作業

足場を解体するまえに、家全体を点検します。
そして、点検、細部の手直しが終わったら、きれいに塗装した壁を傷つけないように安全に足場を解体します。

家全体、近隣の清掃して移動したものを元の位置に戻し、工事完了です。